6月13日はもっちゃんのうちの子記念日20周年

はっぴー王国には,ごもくんの先代であるモクちゃんがいました

もっちゃんはもちろんマルチーズです。
もっちゃんは20年前の今日6月13日にはっぴー王国の王子さまとなりました。

画像


もっちゃんは16歳と10日で亡くなりましたが,その間,はっぴー王国の住人に幸せをもたらしてくれました。

画像


こかあちゃんはもっちゃんが亡くなった瞬間から,もっちゃんとのいろいろな思い出の様子までも失いました。

あまりのショックだったのかもしれません。

写真をみないと,こうだったとか,ああだったとか,思い出せないんです。4年経ってもね。

画像


もっちゃんを思うと,出てくるのは涙,泪,なみだ

今日ももっちゃんのお供えするものは何がいいか,お店で考えているうちに・・・でした。

もっちゃんはこかあちゃんのことを守ることが好きで,危険な時には教えてくれる,いい子でした。
そして今思えば,こかあちゃんの身代わりになってしまったのではないかと思います。その理由はこちらをご覧ください。



画像


こかあちゃんがその最期の日,モクが亡くなる瞬間に約束したことがあります。

「私はあなたを失ったら,泣いて暮らすことでしょう。
泣いて暮らしたら,あなたはきっと心配するでしょう。
あなたが心配したら,私はまたつらいでしょう。

だから私は早いうちにあなたと同じマルチーズと暮らし,
あなたのもとに行くまでに笑顔で過ごしましょう。

それはあなたを忘れるのではなく,その子をあなたにしたように愛し,可愛がり,抱きしめましょう。
その子を抱きしめる時はあなたも一緒に抱きしめましょう。」

全てを許してくれるように頷きながらもっちゃは旅立ちました。

もっちゃんの姿が見えなくなって,はっぴー王国は住人みんなが毎日泣き暮らしました。

それを心配したのか,数日後ごもくんとの出会いがありました。

画像


しかもそれはとても速い展開でした。

そんなことある人はとても早いと言われましたが,今思えばこうしたごもくとの出会いも,もっちゃんからの贈り物だったのではないかと思います

もっちゃんの様子が鮮明に思い出せなくても,もしかしたら,「いつも一緒にいるじゃない。思い出ばかりじゃなく今も。」ってモクが言ってる気がします。

ごもくと楽しく過ごすことは,モクも楽しんでいる。

過去にとらわれず,ごもくはごもく。
ごもくをいっぱい愛してあげることが大事なのだと,こかあちゃんにモクが教えてくれたのだと思います。

画像


もっちゃんのことをいっぱいいっぱい愛していたと思っていました。

もっちゃんが最期の眠りにつく時に抱きしめてあげたかった。
そして抱きしめたんだけど,実はこかあちゃんが抱きしめてもらっていたのだと,いっぱいいっぱいの愛をもらっていたのはこかあちゃんなんだと,4年かかって気づきました


画像



読んで下さってありがとうございました


モクからの愛であるごもくに

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

ぽちっと宜しくお願い致します。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ミルクママ

    読んでてウルウルしちゃいました。
    姿形は見えなくとも、忘れるわけではないですもんね。
    ずっと心の中に生きています。
    2012年06月13日 23:49
  • ムーマ

    もっちゃんはきっと今でも
    こかあちゃんの傍にいて
    みんなのこと見守ってるんだと思います♪
    その証拠に、ごもくんに巡り会わせてくれたのは
    きっともっちゃんの仕業だと思いますよ(*^m^*) ムフッ
    2012年06月14日 02:28
  • ラッキーパパ

    記事を読んで‥‥
    ウルウル‥‥です。
    前の記事も読ませて頂きました。
    ラッキーも14歳!
    いつかは、必ず来るお別れ‥‥
    それを思うと、涙が出てきますが、
    とても勇気をいただきました。
    ラッキーとごもくんたちのお陰で、
    ラッキー家もハッピー王国になりました。
    これからも、もっちゃんを見本にして、
    ラッキーとラッキーパパ!楽しく、明るくがんばります。(笑)
    2012年06月14日 07:55
  • 七海ママ

    こんばんは
    もっちゃん皆さんに可愛がられていましたね
    とても優しい顔だちのもっちゃん、こかあちゃんさんの心にたくさんの思い出を置いていったと思います
    もっちゃんの亡くなってからの様子ついミミとダブって思い出しました
    こかあちゃんさんに、ごもくんまるちゃんという可愛い子供達をめぐり合わせてくれたのは、やはりもっちゃんでしょうね
    姿は見えなくてもいつももっちゃんははっぴー王国のことを見守っています☆彡
    そしてもっちゃんは虹の橋からこかあちゃんさのことをいつも感謝しながら、ごもくんたちの様子を覗いてますよ
    2012年06月14日 22:11
  • ルウちゃんママ

    もっちゃんのお顔が、ルフィと重なって・・・
    私も抱きしめたくなりました。
    もっちゃんは、はっぴー王国のみんなが心配で、ごもくんを連れて来てくれたんですね。
    愛されて可愛がられているごもくんを、嬉しそうに見ているもっちゃんの姿が目に浮かびます。
    2012年06月15日 00:34
  • mint

    はじめまして。mintと申します。ましゅのブログにコメントいただいてありがとうございました。

    ごもくん、まるちゃんにお会いできて、嬉しいです♪可愛い~☆それから、もっちゃんのお話も拝見しました。私も実家にずっと何代もワンコがいたので、気持ちがわかるとまでは言えませんが同じような気持ちになりました。思い出を大事に、それから今を大事にしながら楽しく笑顔で過ごせるよう、心から祈ってます。

    ハンドメイドがお好きなんですね。ステキなバッグも拝見しました♪作ったバッグを持ってお散歩行くのはるんるんしちゃいますよね。

    病気持ちのため、コメントできないかもしれませんが、ごもくんと、まるちゃんに会いに来ます♪こちらこそどうぞよろしくお願いいたします

    最後に、お体も大事になさってくださいね。

    2012年06月15日 14:05
  • ケロ姉

    こかあちゃんさんともっちゃん。
    強い強い絆で結ばれていたのですね。
    そして、まるで生まれ変わりのようにごもくんと巡り会った・・・・

    うちの先代犬と全く同じです。
    しかも、私も先代犬の闘病の記憶が・・・ないんです。
    思い出せない、涙が出ない
    そんな感じで1年過ごした頃、皆さんの支えがあって、やっと泣くことが出来るようになったばかりです。

    可愛い我が子を旅立たせると、色々と後悔やすまない気持ちが沸いてきますね。
    失う寂しさも計り知れません。

    でも・・・
    ワンコの寿命は長くても15~16年。
    どうしたって最期はやってきますね。
    でも、私はそれを幸福と思っています。
    愛する人の腕の中で最期を迎えさせてあげる。
    失うことは辛いですが、旅立つ我が子が幸福に満ちているのなら・・・
    それは私たちにとっても喜びですよね?
    そうして愛する子たちを見送ってやれば、
    自分の最期も喜んで迎えられる。
    だって、会えるんですもの!!

    もっちゃんの愛や命はごもくんやまるちゃんがしっかり受け継いでくれてますね。
    今、ごもくんやまるちゃんと楽しい愛情溢れた生活を送ることが、もっちゃんへの
    最大の供養ですね。
    優しいこかあちゃんさんの気持ちは天国のもっちゃんにたっぷり届いていますよ。
    2012年06月15日 17:24
  • ごもくのこかあちゃん

    ミルクママさま
    こんばんは。
    一緒にウルウルして下さって、ありがとうございます。私の気持ちを受け取ってくださって、ありがとうございます。
    姿や毛なみの感触はもう無くなってしまっても、私が生き続ける限り、一緒にモクもごもくやまんまると共に生きていてくれていると思っています
    コメント下さって本当にありがとうございます
    2012年06月17日 19:29
  • ごもくのこかあちゃん

    ムーマさま
    こんばんは。
    ありがとうございます。
    いつも傍で私や家族やごもくやまんまるのことを見守ってくれていると思います
    ムーマさんもそう思いますか
    私もモクがごもくを巡り合わせてくれたと思っています
    モクの後継ぎのごもくも良く私になついてくれて、モク以上にモクのような子になりました。
    モクの代わりではなく、ごもく自身が私を癒してくれています。
    ごもくも私を愛し、抱きしめてくれているように思います
    2012年06月17日 20:51
  • ごもくのこかあちゃん

    ラッキーパパさま
    こんばんは。
    ありがとうございます。
    ある一定の年齢になると、愛犬の今後を予測して、少しでも異常が見られると、不安になりますね
    今回の記事で勇気が得られたとラッキーパパさんに仰っていただけて、私の心の中にあった心配が、ほどけた気がします。
    ラッキーパパさんからいただくお言葉に、私も勇気と元気をいただきました
    これからもますますはっぴーなラッキーくんとの生活を楽しんで下さいね
    私もごもくと頑張ります。
    2012年06月17日 21:36
  • ごもくのこかあちゃん

    七海ママさま
    こんばんは。
    ありがとうございます。
    まず、ミミちゃんとの悲しいお別れを思い出させてしまったのではないかと申し訳なく思っています。つらい気持ちにさせてしまったら、ごめんなさい。
    モクが私にごもくを連れて来てくれたように、七海ママさんパパさんもとに七海ちゃんを連れて来てくれたのはミミちゃんでしょう。
    そうして絆が繋がっていくのだと思います。
    私は七海ママさんの優しいお言葉に、いつも感謝しています
    本当にありがとうございます。
    2012年06月17日 22:04
  • ごもくのこかあちゃん

    ルウちゃんママさま
    こんばんは。
    ありがとうございます。
    私もごもくはモクが巡り合わせてくれた子だと思っています。
    ごもくが初めて我が家に来た日に、目の見えなくなったモクが段差から落ちないように注意する言葉を使った時、生後45日のごもくがモクと同じリアクションをしたので、モクがごもくを我が家に導いてくれたのだと思いました。
    私に姿すら思い出させてくれないモクは、ごもくを愛するんだよって言ってくれてるのかも知れないです。
    今も私が思う以上に、モクも私を思ってくれていると感じています
    2012年06月17日 22:22
  • ごもくのこかあちゃん

    mintさま
    こんばんは。
    ようこそはっぴー王国にお越しくださいまして、ありがとうございました
    初めてお越しくださいましたのに、重い話題ですみませんでした。
    温かい優しいコメントをありがとうございました。
    私の気持ちを共感してくださり、ありがとうございます。
    つらい悲しい経験からもその子その子から教えてもらうことはたくさんありますね。
    泣いてばかりでは、逝った子が心配しますから、笑顔でいることで、安心させて上げることを選びました。
    ごもくと巡り合わせてくれたのも、モクだと思っています。いつも傍で面倒を見てくれているかもしれませんね。
    だとしたら、私はごもくと笑顔で過ごすことが、一番だと頑張りたいと思います。

    ハンドメイドは大好きです。
    mintさんのハンドメイド作品も素敵だなぁと拝見していました。

    私もまた遊びに行かせていただきます。コメントがなくても遊びに来ていただけるだけで嬉しいです。お時間がありましたら遊びにいらして下さいね
    mintさんもお体大切にお過ごしください。

    2012年06月17日 22:43
  • ごもくのこかあちゃん

    ケロ姉さま
    こんばんは。
    ありがとうございます。
    ケロ姉さんの温かい優しいコメントを読むのに涙してしまいました
    ケロ姉さんのつらい悲しいお別れを思い出させてしまったなら、ごめんなさい。
    ケロ姉さんと私は同じような経験をなさったのですね。そして私たちと同じような経験のある方も多いことでしょうね。
    私もケロ姉さんのように、私もいずれモクに会えると思い、それまではモクが心配しないように笑顔で生きていきたいと思います。
    ケロ姉さんの仰るように最大の供養だと思います。
    ケロ姉さんがつらい経験から感じたことを私に教えて下さって、本当にありがとうございます。
    ケロ姉さんとまるちゃんの出会いも、先代のわんちゃんが導いてくれたのだと思います。
    私もケロ姉さんも素晴らしい絆と愛を先代犬からもらっているのですね
    笑顔で暮らしましょうね。
    2012年06月17日 23:15
  • tyako

    こんにちは。
    こかあちゃん、、、
    私、この日記、読ませていただいたんですが、、
    コメント書いたつもりだったみたいで。。。

    抱きしめての下りを読んで、それを以前お聞きしてとても救われた気持ちになったことを書いたけど?書いたつもりだったけど、、、
    ほんと駄目ですね。

    お写真等を見て思い返す。
    最後の最後まで思う気持ちは自分にしかわかりませんよね。
    家族がいたらその数だけ思いがある。
    すばらしいごもくちゃんとの出会いも、贈り物だったと。

    ノンノも他界して10ヶ月が経ちましたが、波がありすぎて。
    ほんと泣いていたり悲しんでいたりしては駄目だと思いつつ、どうしても波が来ます。
    ノンノは○○だった、ノンノは○○してくれた、ノンノは、
    でも今朝やっとノンノのお洋服を片付けました。
    でも洗うことは出来なかったのでそのままだったので、毛も付いていたり。
    抱きしめて抱きしめて。
    どうしたらいいのかわからないです。

    今、またちびちゃんを探しています。
    でも自分が本当に飼いたいのかどうなのか?
    私はいったい何を探しているのか?
    自問自答の毎日です。
    抹茶だけで十分。
    ノンノと何もかもが真逆な子です。
    夫婦して、年を重ね、今からのんびり過ごすにはあまりに適任というか、性格や育て易さ、手のかからないそんな私たちにとってノンノの愛情と思える子を探してくれたノンノ。
    抹茶もノンノを思い過ごしているのに、新しい子を迎えると言うことはどういうことなのか?

    一人っ子に慣れてきているのに、ここでまた望んでいないかも知れない子を迎えるとなると。

    こかあちゃんの前向きでいて、それでいてとても優しいもっちゃんへのごもくちゃんへの思いを考えると、私はまだまだ小さいと思いました。
    2012年06月21日 16:59
  • ごもくのこかあちゃん

    tyakoさま
    こんばんは。コメントありました。でもリンク先の「もっちゃんの三回忌」にありました。気づくのが遅くてごめんなさい。そちらにもお返事させていただきました。ご覧ください。
    まだ10ヵ月ですよ。つらい波が押し寄せても仕方ないです。私は4年経っても寂しい波がきますもの。無理にその波と戦わないで、泣けてしまうのなら、泣いてしまった方が、そのあと笑顔になれますよ。ただ車の運転中は禁物です。その時は車から降りるまで我慢してね。私はそのようにしてごもくと笑いながら、この4年を生きてきました。tyakoさんに押し寄せる波は私と同じではないかもしれませんが、近いものではあると思います。
    モクには四季折々の洋服を5着ほど持たせ、残りのモクの洋服はごもくが着ています。
    新しい家族を迎えるに当たっては、我が家では反対は無かったし、兄がかわいいと思った子だったので、躊躇はありませんでした。
    ごもくとの関係が心配でしたが、2日めからごもくがまんまるをかわいがるようになりました。今はまんまるに追いかけられ、母や私のところに逃げ込んで来るごもくですが、まんまるのことを心から嫌っているのではありません。
    迷っている間は、じっくり時間をかけて、抹茶ちゃんのために考えてあげるといいと思います。本当の出会いはどんなことがあっても出会って、手元にいて欲しくなるものであり、相手もそう願ってうちの子になってくれると思います。
    私はtyakoさんとご主人と抹茶ちゃんがはっぴーになってくれるようごもくと共にお祈りしています
    tyakoさんはとっても優しい方ですよ。虹の橋のたもとでノンノちゃんも「うちのママ優しいのよ。」ってモクに自慢しながら教えてくれていると思いますよ
    2012年06月21日 22:02
  • tyako

    おはようございます。
    勘違いでなくてほっとしました。
    私も、書き込みさせていただいて、すぐにお返事見に来ないからいけなかったのだと。
    よかったです。まだ記憶力はあったとほっとしました。

    確かに、主人も「いくら探しても縁があれば、びびっと来て、どうしてもこの子ってなる子がいるからなぁ」と言います。
    ノンノもそうでした。抹茶もそうでした。
    だからそうですね。
    もう1匹いたほうがいいのかも迷いがないとはいえないのです。
    でも、今はノンノと同じ誕生日の子、同じような子が欲しいと思っているのは、ノンノ探しをしているのかとふと思うことも。
    でも、昨日「ノンノと同じかせめて4月生まれの子が欲しかったけど、間に合わなかった」というと、主人が上に書いたような事をいったので、少し安堵したのです。
    まだ自分がないのですね。
    たくさんとりとめないことを書いたのに、お返事たくさんありがとうございました。
    2012年06月22日 09:17
  • ごもくのこかあちゃん

    tyakoさま
    こんばんは。
    きっといいご縁があると思います。
    あせらず、新しい家族との出会いを楽しみに、抹茶ちゃんとご主人と元気でお過ごし下さいね
    2012年06月23日 22:22

この記事へのトラックバック