今年初めてのトリミング&血液検査

2月8日木曜日 ごもくんとまるちゃんは今年初めてのトリミングに行きました 今回からはかかりつけの動物病院でのトリミングです。 ごもくんが通う動物病院でのトリミングの対象は、何らかの病気があったり、高齢だったりで通常のトリミング店ではできないわんちゃんなどです。 ごもくんは今までトリミングしてくださっていたハートさんがトリミング店を退職し、新規にお願いするには年齢的にも難しく、また心雑音が見つかったため、またまるちゃんは皮膚にアレルギーがあり薬浴をお願いするため、動物病院で引き受けてくださることになりました ごもくんもまるちゃんもトリミング直後の写真を持参し、スタイルの見本にしてもらいました
画像
まるちゃんは2月10日で7歳になります すっかり落ち着いた雰囲気のバンダナをつけてもらって、まるでCAさんのようです
画像
ごもくんはごもくんのトレードマークである、ふわふわ感を十分に生かしてくれました
画像
ごもくんは今日血液検査も予定していたので、シャンプーの後に採血をしてもらいました。 今回は肝臓の定期チェックとACE阻害剤を内服し始め1ヶ月後のチェックをしてもらいました トリミングだけじゃないのとごもくんは先生に文句を言ったようですが、無事採血もできたようです。 血液検査の結果は後日となります。
画像
ごもくんは家に帰るとほっとしたのか、眠くなってきました。
画像
写真を撮っていてもウトウトしてしまったのですが、食べるの一言で
画像
カメラに目を向けてくれました 動物病院でのトリミング、ごもくんは以前部分カットはお願いしたことがありましたが、まるちゃんは初めてでした。 トリミングできる動物看護士さんがトリミングをしてくださるので、診療が忙しい場合には時間がかかることがあります。 また今回のように初めての場合にはごもくんやまるちゃんの様子を見ながらするので、予約した時には朝から連れて行き、夕方お迎えの予定にしていましたが、今日は2マルを手分けしてやってくださったので、思いのほか早く9時~12時で終了できました 忙しい時期になったら1匹ずつお願いしようと思います。 日頃通い慣れた動物病院で、診察もトリミングも一度にしてもらい、ごもくんもまるちゃんもストレスがかからず良かったと思います。 トリミングは参考にしていただいた写真のような仕上がりにしていただき、とても満足しています。 動物病院のみなさま、どうもありがとうございましたこれからもどうぞ宜しくお願いします
画像
読んでくださってありがとうございます
一度に診察&トリミングができたごもくんとまるちゃんに よかったねのぽちをお願いします。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村



*パナソニック/本体まるごと水洗い可能で、お手入れ簡単です。ER807PP-A【ペット用バリカントリミング愛犬用カット通販メンズレディースキッズ大人子供】
ワザあり買い物大事典
1.本体まるごと水洗い可能で、お手入れ簡単 本製品は本体がまるごと水洗いできる防水構造のため、使用後

楽天市場 by *パナソニック/本体まるごと水洗い可能で、お手入れ簡単です。ER807PP-A【ペット用バリカントリミング愛犬用カット通販メンズレディースキッズ大人子供】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

お散歩通院とハンドメイド

1月9日火曜日 ごもくんがACE阻害剤を飲み始めて初めての診察に行きました
画像
ここのところ動物病院に行くといろいろドッキリがあったごもくんですから、入口に入るのを嫌がるかと思っていましたが、自らどんどん入って行きました ごもくん動物病院苦手じゃなかったんだぁって思いました。 しかもいつもなら、なき声でごもくんが来たことがわかるくらいなのに、なぜか今回は静かで、驚かれたくらいでした 今回は聴診してもらって、異変がないため、薬も長めにもらえました。 次回は1か月後です。 今日は静かだったねと褒められたのに、帰り間際にはなき始め、外に出てからもないてました
画像
道路を渡ってからも振り向いてました でも今日は頑張ったよね、ごもくん。
画像
そう言うと、ごもくん笑顔になっていました 帰り道は軽やかに歩き
画像
お散歩を楽しみました
画像
話は変わって、今年に入ってからこかあちゃんが作った作品を3つほど紹介させてもらいます。 今年は戌年、何を作ろうか考えましたが、やはりマルチーズを作ることにしました
画像
高さ20cmの今までこかあちゃんが作った羊毛フェルトの作品の中では1番大きいものになります まるちゃんにはフリフリのマフラーを作ってあげました
画像
ごもくんには帽子です。
画像
まるちゃんにどっしーんと飛んでこられても、負けないよって、鉄兜のイメージだったのですが、ポンポンをつけたら可愛くなっちゃいました ごもくんもまるちゃんもカッコよくモデルを務めてくれました
画像
読んでくださってありがとうございます
動物病院苦手じゃないよなごもくんに ぽちっと宜しくお願いいたします。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

ワクチン接種だけのはずが心雑音!?

12月14日木曜日 ごもくんは混合ワクチンのため、動物病院に行きました 前回狂犬病の予防注射の時には、急遽歯石をとってもらうことになり、ごもくんとの予防注射だけだからという約束とは違う結果になってしまいましたが、歯石が取れてすっきりしたごもくんでした。
画像
今回は混合ワクチンだからすぐ終わるよと、ごもくんを連れて行ったのですが・・・
画像
注射をする前の聴診で、心雑音がハッキリとあることがわかりました 現在は何の症状もないので、混合ワクチンを打ってもらい帰ろうとしましたが、こかあちゃんにはこのハッキリとわかる心雑音が気になってしまったので、今回もごもくんとの約束は果たせませんが、検査をしてもらうことにしました。 検査はレントゲンと血液検査です。 レントゲンでは心拡大が始まっていることがわかりました。血液検査はANPを測定することで、分泌されるホルモンの数値が高いと心不全主に犬では僧帽弁閉鎖不全症などでの心房筋のダメージがあることがわかります。 ごもくんはマルチーズなので、加齢により心臓病が起こるのが多い犬種であることは、先代のモクちゃんの経験で飼い主であるこかあちゃんも経験済みです。 こかあちゃんはごもくんに大きな治療を施すことはできませんが、対症療法だけだとしても早期に発見し治療を開始するすべはあるので、後悔のないようにしたいと思いました。 血液検査の結果は12月17日日曜日にわかりました。0~30までが正常といわれるそうですが、ごもくんは38で数値とすれば極わずかではありますが、心拡大、雑音、ANPが上昇しはじめていることがあるため、ACE阻害薬アピナックの投与が開始されることになりました。 ACE阻害薬とは 心臓内で血液が逆流すると体中に血液を送ろうとする力が弱まります。すると血圧が下がってしまうのですが、体はその血圧を正常に保とうとするために血管を収縮させてしまいます。その血圧を上げる働きをするのがアンギオテンシンⅡという物質です。この物質はアンギオテンシンⅠがアンギオテンシン変換酵素(ACE)の作用により作られます。ACE阻害薬はこのアンギオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害する薬です。これにより血管が拡がるため血管収縮による心臓への負担を軽減させてくれます。 薬をきちんと飲むことで慢性心不全の犬の健康状態を安定させてくれるようです。 幸いごもくんは今のところ咳や肺水腫の症状は見られないため、本当に早期発見ができたのだと思います。 今後は気温の変化に注意し、塩分を控えることで、通常通りの生活ができるとのことです。 心臓のための薬の投薬が始まったので、薬がきれることのないよう、コントロールができるよう、家族みんなで頑張りたいと思います
画像
読んでくださってありがとうございます
混合ワクチンで心雑音が見つかったごもくんに 頑張ってお薬飲みなよのぽちをお願いします。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

ごもくんパニック~狂犬病予防注射だけじゃないんでしか!

毎日暑いですが,皆様お変わりなくお過ごしでしょうか 水分補給とエアコンを上手に使って,暑さに負けずお過ごしくださいね 7月13日木曜日にごもくん,お鼻のプスプスが落ち着いたので,狂犬病の予防注射を動物病院に打ちに行きました
画像
行くときに,ごもくん今日はチックンだけだから,早く済むからね~なんてこかあちゃんに言われて,その気で来たごもくんでした。 ところが先生との話の流れで,ごもくんの奥歯の歯石を鉗子で取ってもらうことに・・・ ごもくんの心情的にはきっとこんな感じだったでしょうね。
画像
ごもくん歯ブラシは使っていませんが,歯磨きは嫌いではありません。 前歯はピカピカなのですが,子供の頃に歯の抜け替りが悪く,永久歯がずれて生えてしまったせいで,少し歯並びが悪いため,歯磨きの効果が出ず,歯石がたまりやすいんです。 普段は日頃の歯磨きで,歯石の付着を除去することを勧め,最近では鉗子での歯石除去をしない方針になっていますが,ごもくんを赤ちゃんの頃から知っている先生は,歯並びのことを承知しているので,鉗子で取れそうだからと,勧めてくれました。
画像
ところが,狂犬病の注射終わったよ~と先生が言った後に,そんな歯石除去の話になったため,ごもくん的には 終わったって言ったじゃない歯石取りなんて,話が違うでしょうよ~と,診察室で大騒ぎ 先生が終わりって言っちゃったのがいけなかったかな~,ごもくは終わりがわかるんだ~って言ってましたが, その後診察室に残されたごもくんは,できる限りのあらゆる攻撃(う〇ちやら,口やら,叫びやら)をし,待合室で待つこかあちゃんは,他の患者さんの前で小さくなっていました。 最終的には,自分の攻撃したう〇ち爆弾が,少し軟らかだったらしく敗北し,足シャン&ドライヤーまでしてもらってのご対面になりました。 シャンプー後も先生を見かけると文句を言っていました いつも可愛がってくれる先生に,この日も恩を仇で返したごもくんなのでした 翌日まるちゃんは,にいさんと狂犬病予防注射を無事に済ませました。普通はそうですよね
画像
読んでくださってありがとうございます
不意打ち歯石除去に抵抗したごもくんに お仕置きまたはよく頑張ったのぽちを 宜しくお願いします。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

ごもくん鼻からドピュー事件

九州豪雨では、心よりお見舞い申し上げます。 自然災害の多い昨今で、心が大変痛みます。 どうぞ皆様、今後もお気をつけてお過ごしください。 なかなかごもくんの近況報告ができないでいますが,この間6月26日月曜日の夕方6時20分頃,ごもくんが突然顔をこすりつけてもがいているので,顔を覗き込んでみると,なんと鼻から黄色い膿状なのか胃液状のものがドビューっと出ていて,とても苦しくてたまらない様子でした。 なんともものすごい形相で驚いたのと,少しその鼻から出ている様子を不謹慎にもかわいいと思ってしまったこかあちゃん。 写真を撮りたいという衝動にかられましたが,さすがに苦しむごもくんの鼻から出るものを,早く取り除いてあげねばと,写真を撮ることを諦め,ティッシュで拭き取ろうにもごもくんが苦しがるので大変でしたが,無事とり除きました。 しかし苦しそうなのは治まらないので,動物病院に行くことにしました。 ごもくんのかかりつけの動物病院が,午後5時までなので,他の病院に行くことにしました。 動物病院につくまでの間,なき方も鼻にかかった声になっていましたが,到着した時には通常の声になっており,先生に元気だねーと言われましたが,先生に診察をしてもらい,胃液が鼻の方に行ってしまったり,気管の方に行って誤嚥性肺炎にならないように,抗生物質(ラリキシン)を処方してくださいました 診察中は先生の顔をクンクンしたり,いつも通りおとなしかったごもくんですが,受付に戻ると思いきりないてました これだけないてくれれば,誤嚥していても吐き出てるだろうねと,先生がおっしゃってました。 4日分抗生物質を飲んでも,過去にもあったように,鼻のプスプスいうのが取れなかったので,かかりつけの動物病院で,いつも出してくれる消炎止血剤(トランサミン)を処方してもらいました。 その後鼻のプスプスは治まりました ごもくんは過去にもウグウグと苦しくなったり,嘔吐したときに鼻がプスプスいうのがありますが,今まで鼻から液状のものが出ることはなかったので,今回の症状で,もしかしたら以前も鼻がおかしくて,ウグウグしている間にえずいて吐いてしまっていたのではないか つまり嘔吐が先ではなく,鼻汁を出すに出せず,苦しみの中で吐いてしまっていたのかもしれないと考えられます。 今回はそれを教えてくれるために,鼻からドピューが出たと思うと,鼻汁かもしれない黄色い液体も今後はティッシュペーパーではなく,○○ンラップで採った方が判別がつくのではないか(膿性鼻汁か胃液か)と思いました。 そう思うとこかあちゃん,失敗したなーと反省したのでした 数日後,ごもくんの鼻プスプスは良くなり,2つの動物病院のおかげで,元気になったごもくん。
画像
その後狂犬病予防注射に行くお話は,次の機会にさせてもらいますね
画像
読んでくださってありがとうございます
貴重な写真を撮りそこなって残念なこかあちゃんと イメージダウンな写真撮影を阻止したごもくんに ぽちっと宜しくお願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

サプリメントを買いに~ごもくん散歩

6月6日火曜日 気温が高くなく、風が気持ちよかったので,夕方5時少し前にお散歩を兼ねて,動物病院にごもくんの白内障のためのサプリメントを買いに行きました
画像
この日は曇ったり晴れたりしてたので,路面もそんなに熱くはなっていませんでしたが,念のためクールバンダナを着用しています ごもくんの使用している白内障のサプリメントはこちらの「メニわんEyeⅡ」です。
画像
画像引用:Meni-one HP 目薬の苦手なごもくんは毎日朝晩2錠ずつ飲んでいます。サプリメントを始めた頃飲んでいたのは,こちらのリニューアル前のものでした。そちらの頃は時々器に残っているのを見かけましたが,新しくなって美味しくなったようで,残すことはなくなりました。 服用の効果はどうなのか,サプリメントなのでわかりませんが,以前暗い部屋では動くのが不安そうだったごもくんが,最近はあまり固まっている様子を見ることは減っています 劇的な効果は見られなくても,症状の進行を緩やかにしてくれればと思っています。
画像
動物病院では早く家に帰りたくなるごもくん。でも,お散歩のときは喜んで入っていきます。 そして今日は診察はいらないでしよ。って言ってました 動物病院の受付のところに,ちょうどワンちゃんが外を見られる窓があります。 そのためにできているものではないのですが,多くのワンちゃんが会計中外の様子を見るのです。
画像
ごもくんもこの日は抱っこではなかったので,会計中窓から車が通っているのを見ていました 動物病院の外に出ると,また来るよーなのか,ありがとーなのか,邪魔したなーなのかは,ごもくんしかわかりませんが,動物病院の入り口に向かって吠えてました その声を聞いた先生たちは,やっぱりごもくだと笑っていたかもしれませんね 帰りは少し大回りをしました。 暑さ対策と,交通量が激しい時間だったので,ごもくんはしばしスリングの中で休憩することにしました。 その間こかあちゃんに負荷をかけでのウォーキングです
画像
交通量の激しいところを抜けると,スリングの中でもじもじし始めたごもくん。 もう歩けるでしよ。と元気よく歩いてくれました
画像
家につくと,散歩中に排泄しないごもくんは,いつも通り庭でトイレ休憩をして,まるちゃんの待つ家に入りました
画像
読んでくださってありがとうございます
美味しくサプリメントを続けているごもくんに ぽちっと宜しくお願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

血液検査に行って来たでしよ。

お話はだいぶさかのぼりますが,1月19日木曜日に血液検査のために動物病院に行ってきました。 今回写真は撮らなかったので,イメージでこの日のものではありません。
画像
動物病院に行くとわかり,どよよーんな気分のごもくんです。 昨年11月27日に体調を崩し,肝臓の数値が上がってしまっていましたが,内服薬で経過良好となり,お薬を飲まなくなって1ヵ月後の検査でした
画像
GPT : 116 U/l GOT : 38 U/l ALP : 121 U/l と,正常とまではいきませんが安定しているので,薬なしで経過観察となりました なにしろこの日も検査結果を待つ間も,ずっとおしゃべりしてましたから,とっても元気になった証拠です 元気に過ごせるのが一番ですものね 病院の皆さん,いつもうるさくてごめんなさいです
画像
読んでくださってありがとうございます
薬なしでも安定しているごもくんに よかったねのぽちっをよろしくお願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

ウグウグしたかと思ったらくしゃみの連発でしよ。

1月6日金曜日 AM4:00頃から,ごもくんいつものウグウグという吐きたいような逆くしゃみのような発作がAM7:00頃まで,止まっては始まり止まっては始まりの繰り返しでした。 ごもくんの頭を人の肩にあて,立てて状態で抱っこしていると楽なのか,しばらく止まるのですが,ごはんを食べる時も下を向こうとするとまた軽く始まりました でも,ごはんはしっかり食べ,吐いたりも無いので様子を診ることにしました。 午後も落ち着いていたので,この日は動物病院に行くのをやめました。 1月7日土曜日 夕方からブシュブシュっとくしゃみが始まり,鼻で空気を吸うときにも一生懸命吸い込むかのような変な音が始まりました
画像
1月8日日曜日の朝は,冷えがいけないのかと思い,こかあちゃんのネックウォーマーをかけて,暖かくしていると楽そうなのでした でも1月6日からのこともあるので,午後は動物病院に行きました しかし動物病院に行くと興奮しているのか,部屋の暖かさのせいか何の症状も出ませんでした。 2時間ほどこかあちゃんの仕事の都合もあって,動物病院のケージで観察してもらっていても,吠えることはあっても何ら症状はでませんので,軽い抗生物質と消炎剤と胃薬をもらってきました。
画像
帰りは寒く雨だったので,車に乗るまでに家にいるときの症状がとたんに現れましたが,動物病院には戻らず薬で様子を診ることにしました。 家に帰ると何と血便までして,びっくり ごもくん初の分離不安状態まで示してくれましたが,血便は1回で済んでます。 お薬を飲み始めて,大分落ち着いてきましたが, 1月9日やはりAM4:30ころから異常に抱っこをせがむので,例の抱っこをすると治まり,またAM6:00ころ再び同じようになったので,同じ抱っこを暫くすると治まりました。 朝ごはんの時、今朝は下を向いてもズコズコすることはなく,きちんと食べられました 午前中私の家での仕事につきあって,居間より寒い部屋に行ったら,少し症状が出ました。 こうしてみると,暖房はついていても明け方の冷え,普段ごもくがいる部屋より寒い部屋,夕方の冷え始める時間など、すべて温度差が原因なのではないかと思いました。 ごもくんのそんな様子を見てかあさんが,こかあちゃんの子どもの頃を思い出すと言っていました。こかあちゃんは小児喘息があって,明け方良くかあさんにごもくのような抱っこをしてもらっていました 現在こかあちゃんは温度差のアレルギーがあります。 飼い主と犬は似たような病気になるケースが良くあるそうですが,ごもくん,ここまで似なくていいよ。と思うこかあちゃんなのでした
画像
読んでくださってありがとうございます
呼吸器に異変の見られるごもくんですが ぽちっと宜しくお願いします。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

スマホで更新~ワクチンをしに来たでしよ。

12月13日火曜日 ごもくんの体調が、安定しているので、混合ワクチンを射ってもらいにきました
画像
順番まで少しかかるので、ごもくんは暫く車で待つことにしました。
画像
なんたって、ごもくんおしゃべりがすぎるので、うるさくしては他の患者さんや先生に迷惑がかかってしまいますから 車の中でも まだでしかー って、言ってます これだけ元気なら、今日は混合ワクチンも射てることでしょう 読ん下さってありがとうございます

動物病院で部分カットしてもらったでしよ。

12月2日金曜日午後 ごもくんはかかりつけの動物病院で部分カットしてもらいました
画像
体調が安定しているのですが,まだ1週間は経っていないので,シャンプーはしませんでした。
画像
爪切りと伸びきっていた目の周りや口に入ってしまいそうなマズル周りの毛,足裏の毛,肛門周り,お腹の毛をカットしてもらいました。 こちらの動物病院は病院にかかっている子を対象にトリミングしてくれます。 今回も病気の状態を把握しているので,無理のないようにこちらのリクエストに応えて下さいましたので,ありがたかったです モケモケの顔がすっきりして,ごもくんの視界も広がったろうと思います よかったね,ごもくん 家に帰って写真を撮っていたら,まるちゃんがあたりまえのようにやってきて,
画像
まぁちゃんもモデルさんするでちよ。 まるちゃん思いきりアップですよ このあとごもくんは晩ごはんまで爆眠でした。
画像
読んでくださってありがとうございます
動物病院で部分カットしてもらったごもくんに イケてるよ~のぽちっとを宜しくお願いします。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

トリミング延期の延期

明日12月1日はモケ太郎からすっきりごもくんになるはずのごもくんでしたが,11月27日日曜日の晩から8月の悪夢の再現かと思わせるような,異常な徘徊とお腹痛いポーズ 今回は腰砕けにはなりませんでしたが,心配になり動物病院の先生に相談をしたところ,意識もしっかりしているのならば,まるちゃんにが以前に服用していた抗ヒスタミン剤が残っていたら,それを飲ませて様子を見るように言っていただきました。 早速服用させて,しばらくして落ち着いて眠ってくれました(写真はイメージです)
画像
本当は11月28日に混合ワクチンを接種する予定でした。 ごもくん何か察知したのかな ごもくんとまるちゃんをキャリーケージにそれぞれ入れて,動物病院に行きました。
画像
まるちゃんは混合ワクチンと少し前から飲んでいるアレルギー性掻痒に効果のある薬をいただいてきました。 この薬のおかげで,快適に過ごしています。 当然ごもくんは混合ワクチンは見送りになり,血液検査となりました。 結果はまたGPT 357U/l,GOT 74U/l と上昇してました 前回の夜間の診察を受けた時よりは低かったですが,案じたとおりでした。夜間の診察を受けた記事はこちらからどうぞ。 肝臓の薬をまた飲むようになりましたし,当然トリミングも延期となりました。 次のトリミングは12月22日なので,それまでカットしないのは毛で目をつついてしまい,ごもくんにとっても良くないので,12月2日金曜日に動物病院で顔のみの部分カットをしていただくことになりました 目頭のカットと足とかのバリカンは家でできるのですが,顔のカット,特にマズルのカットは嫌がるので,お願いすることにしました。 それを聞いたごもくんなんですとーな気分でしょうね
画像
お薬飲んでごもくんは通常の生活ができていますので,どうぞご安心くださいね
画像
読んでくださってありがとうございます
動物病院に仲良く行ったごもくんとまるちゃんに ぽちっと宜しくお願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

スマホで更新~ごもくんあんよが痛いでしよ。

こんばんは きくちゃんは毎日の自宅皮下補液が、1日おきに1回になりました。 みなさまに感謝しています。 ありがとうございます きくちゃんもみなさまの思いに答えられるように一生懸命食べてくれています。 完全復活できるようにしてあげたいと思います。 そして、今日ごもくんが動物病院に行って来ました 昨夕かあさんの膝の上にいたごもくんにかあさんが左の前肢に触れたときに、ぎゃんと言ったそうです。 その後もこかあちゃんが確認しようとした時も、同じようになったので、今日午前中診察をしていただきました。 病院では緊張と興奮で、歩いていたので、関節が外れたり、骨折ではないので、今回は痛みを抑えるステロイドの注射と消炎鎮痛剤と胃腸薬で、様子を見ることになりました 今日はハーネスをするのも痛いと思って、キャリーケージで行ったのですが、それが気に入らなかったらしく、珍しくケージの扉をカリカリしたので、家に帰ったら余計痛くなってしまったのか、甘えが出たのか、動く度に痛い痛いとひっひっと言って、動けないでいます 兄さんが帰った時には動きましたが、そのあとは力なくへたってしまっています。
画像
痛い時は安静の為にケージ内で過ごす方が良いそうですが、今日のごもくんはよほど痛いのか、こんな感じです。 ごはんは食べてますが、頭を持ち上げで食べて、立ち上がるのが辛そうです いったい何が原因なのかわからないのですが、もとから肩関節が緩いので、体重が増えているので、負担がかかっているのではないかと、こかあちゃんの推測ですが。 とりあえずはお薬を飲んで、安静にして様子を見ようと思います。 きくちゃんだけでなく、ごもくんにも元気パワーをいただけたらと思います 読んで下さってありがとうございます

スマホで更新~点滴に逆戻り

昨日までは細々と食べていたキクちゃん。 今朝からまったく食べてくれないので、午前中早くに動物病院に行きました BUN,クレアチニンがほんの少しですが、上がってしまいました。 なので夕方まで再び点滴となりました。
画像
でも、今朝は自分からキャリーケージに入ってくれました。 嬉しい分、ものわかりが良すぎて涙ぐましかったです
画像
点滴中にまったく動かないキクちゃんが、今日は帰りたそうにしてました
画像
夕方に帰ろうねと言うと、諦めたのか元の位置に戻ってました。 フクちゃんも淋しがって泣いてるから、パワーアップして帰ろうね、キクちゃん 読んで下さってありがとうございます

頑張るキクどんをごもくんは応援するでしよ。

今回も闘病中のキクちゃんのお話です。 キクちゃんのことを応援して下さってありがとうございます 18日までのキクちゃんの病状はこちらからごらんください 19日~30日までの血液検査の結果です。
画像
19日~23日までは連日日中点滴に通いました。 点滴しながらも上昇し続けるBUN,クレアチニンの結果に心が重くなる毎日でした。 それでも徐々に数値が横ばいになってきてくれました。 何も食べたがらなかったキクちゃんですが,この頃からパウチのごはんを口にしてくれるようになりました 24日は休診日で一旦点滴はお休みしました。 25日は点滴にするか皮下補液に切り替えるか判定する為に血液検査を行いました。 結果は若干数値が下がったので,皮下補液になりました。 しかし皮下補液はこの先も連日になるので,自宅で行うことになりました。 26日は病院で皮下補液の練習をこかあちゃんが受けてきました
画像
キクちゃんの食べる量,前日の補液した分が吸収されているかいないかによって,補液する量は1本になるか半分になるか変更になります。 27日から自宅での皮下補液スタートしました 病院だと全く動かずにいるキクちゃんですが,いつも居るはずの部屋ではないので,探検したくなるのか,少しそわそわしてしまいましたが,まずまずのスタートでした。 ごはんはカレースプーン1.5杯を1日4回食べられるようになりました しかも催促ができるようになりました 27日は250mlを全量 28日,29日は半量ずつ皮下補液しました。 28日は自宅での処置であっても,抱っこした状態で全く動かず,29日にはごろごろと喉を鳴らして,皮下補液を受けてくれてました。 フクちゃんと離れるときには,家であっても病院の分室に行ってこうねって言いながら,キャリーケージに入って別の部屋に移動し,処置が終わると帰って来たよーと言って戻ります。 そういうことでお互いが慣れてしまったようで,2匹とも当たり前のように見送り,送られています。
画像
10分も離れていないので,分室は近いなーってフクちゃんは思っているかもしれませんね。 何しろ点滴に通っていた時は,淋しがってフクちゃんは泣いてましたから キクちゃんを応援しているのはこの子もそうです。
画像
今年はお祭りお散歩はできなかったごもくんでしたが,お祭り用の服でキクちゃんを応援してくれてました 30日は検査があったので病院で補液していただきました。 血液検査はBUNが68.6mg/dl,クレアチニン 6.1mg/dlとなり,かなり下がってくれました とはいっても,数値はまだまだ高いので,暫くは自宅での皮下補液が続きます。 次回の血液検査は10月4日火曜日です。 昨年の時は1週間で劇的に改善しましたが,今回は倍の時間がかかっています。ですが確実に回復方向に向かってくれていると思います。 病院の先生方や看護師さんの懸命な治療のおかげとキクちゃんを応援して下さる皆様のパワーを今回もいただいて,キクちゃんは頑張れているのだと思います。 本当にありがとうございます。 にいさん,かあさんに手伝ってもらって,こかあちゃんもキクちゃんに嫌われないように,皮下補液を頑張りたいと思います
画像
今回も長い記事を最後まで読んでくださってありがとうございます
引き続き頑張れキクどんのぽちっを 宜しくお願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

はっぴー王国のシルバーウィーク

みなさま秋の連休,シルバーウイークは楽しめましたか はっぴー王国は今年も動物病院に通うことになりました 昨年の丁度今頃余命7日宣告をうけたキクちゃんですが,奇跡の復活からまる1年経ちました。 本来なら復活1周年を喜ぶべきなのですが,9月15日木曜日朝,昨年同様の嘔吐を始めたキクちゃん。 その日ごもくんとまるちゃんはトリミングの日でしたので,ごもくんがトリミングに行ってもよいか皮膚の状態を診察していただくことになっていました。
画像
ごもくんとキクちゃん一緒に動物病院に行きました
画像
ごもくんの毛包炎はお薬を飲んでいますが新しくできているところもあったり,皮膚もむけていますが,お腹をごしごししなければ,この状態ならトリミングをしてきても大丈夫と言ってもらえました。
画像
そしてキクちゃんは,昨年のこともあるので血液検査をすると,昨年同様尿素窒素の値を示すBUNと腎臓での老廃物の清掃率を示すクレアチニンが上昇していました 昨年のキクちゃんの闘病記はこちらこちらです。 表は18日までの検査結果です。
画像
昨年かなり左右の腎臓とも正常猫の2倍ほどに大きく腫れ,大きなダメージを受けたキクちゃんの腎臓は1年後また大きな負担がかかっているのでした。 15日はすぐ日中点滴が始まりました。
画像
16日も数値は横ばいで,そのまま日中点滴をしました。 17日は1日家で過ごし,18日は朝嘔吐,全く食べないことから数値の上昇を懸念しながら動物病院に行きました。 案の定,数値は上がり,日中点滴となりました。 キクちゃんは入院室では全く動かず静かに点滴を受けてくれます。 点滴をすると初めのうちは血液検査の結果でわかるように数値が上昇していくというのは,昨年経験しているので想定内でした。 今回16日のレントゲンでは腎臓は昨年よりさらに大きくなり,腎盂までもが腫れて大きくなっていることがわかりました。 19日敬老の日は動物病院は休診日ですが,補液処置が必要なため,診察して下さいました。 今日も夕方までお水は飲みますが,食べられませんでしたが,嘔吐はしませんでした。 食べられなくても嘔吐していないのはいいことだと,先生は仰いました。 1年もったことが奇跡のようだと先生が良い子で補液をしてもらっているキクちゃんを褒めてくれました 昨年の連休の休診日もお世話になり,今年もまたお休み返上をさせてしまいました。 2日食べられていないので,食べられるような注射も打ってくれたので,30分したら少し強制給餌をするように指示をしていただいたので,缶詰を少しづつ強制的に与えると食べてくれました。 キクちゃんが寝るまでに3回位に分けて小さい缶で1缶程度は食べられました。
画像
そして最終的には手のひらから,その後は器から食べてくれました。 明日も朝から動物病院に行きます キクちゃんは動物病院に行くためにキャリーケージにも自ら入ってくれます。 明日も入ってくれるかな 血液検査の結果で日中点滴になるか,補液になるかが決まります。 補液であっても昨年同様暫く毎日通うことになります。 はっぴー王国のみんなの思いは昨年の奇跡を再びです。 「苦しむ時間は短い方が良い。できうる限りの治療と気持ち悪さを解除しつつ,キクちゃんの精神的ストレスも緩和させてあげたい。肉体的苦痛はあってもせめて精神的な安堵を優先してあげようと思っています。たとえそれが短い結果になっても,キクちゃんが大好きなこの家で命のともしびを輝かしてあげたいと考えています。」と昨年のブログで書きました。その気持ちはかわりません。 あえて書き加えるなら,大好きなフクちゃんと幸せな時間が少しでも長くさせてあげるために,してあげられることはなんでもしてあげたいと思います。 そしてはっぴー王国の住人たちは,どんな時でもいつも通りに接してあげたいと思います
画像
読んでくださってありがとうございます
キクちゃんの命のともしびが再び輝くように ぽちっと宜しくお願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

ごもくんの毛包炎再び・・・

9月8日木曜日 ごもくんの強肝剤が終了してから20日経ちました。 あと10日したら肝臓の為の血液検査だったのですが, ひどい毛包炎ができてしまったので,動物病院に行きました
画像
頑張って診察をしてもらうでしよ。
画像
おとなしく診察を受けるごもくんです 患部はこんな感じ。
画像
ごもくんは家でも痒み,痛みはないようで,全く気にしていませんが,見てる方は痛そうに思います。 腹部の皮膚がむけるのも,毛包炎になる前からもどってきていました。 先日突然体調を崩し,倒れる様子もあったことから,今現在同じような症状はありませんが,今回も血液検査をすることになりました。
画像
肝臓の値を見ることと,元気食欲があるし皮膚にしか心配なことが当てはまらないそうですが,以前も懸念されたクッシングの精密検査の必要性があるか確認する為です。
画像
検査結果はこちらです。
検査項目単位2016/9/8AM11:00頃
白血球数 μl8700
LYM(リンパ球)16.1
MON(単球)5.8
GRA(好中球)78.1
EOS(好酸球)3.5
赤血球数μl723万
ヘモグロビンg/dl18.3
ヘマトクリット53.8
血小板数×109L231
BUNmg/dl23.5
GPT(ALT)U/l119
GOT(AST)U/l35
GLUmg/dl86
TPg/dl5.8
ALPU/l98
肝臓は8月12日の値より下がり,強肝剤解除のころと同じに戻っていますし,現時点でクッシングの疑いはありませんので,今回は抗生物質とビタミン剤を14日内服することになりました 内服した様子で,クッシングの刺激試験が必要か再度検討することとなりました。
画像
ごもくん,お薬頑張って飲むでしよ。 ごもくんは元気も食欲もありますので,このまま落ち着いてくれることを願うのでした
画像
読んでくださってありがとうございます
見た目は痛そうだけど元気いっぱいのごもくんに ぽちっと応援をお願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

スマホで更新~まるちゃんの最新ヘアスタイル

前回の記事では、ごもくんを心配してくださったり、こかあちゃんがの気持ちを共感してくださって、ありがとうございました その後のごもくんは元気に過ごしておりますので、ご安心くださいね 今回はまるちゃんのお話しです。 8月17日水曜日にこかあちゃんのところで、コロンと転がってくれたまるちゃんの左耳の中が、異様に暗いので、早速耳そうじをしたら、タール状の耳垢が出てきました まるちゃんは昨年の今頃もひどい外耳道炎になりました。 耳そうじをしたので、1日様子を見たのですが、変わらないので、19日金曜日に動物病院に行きました 先生に耳そうじと耳垢の検査をしてもらい、耳ダニではないことがわかりました 垂れ耳なので、通気性を良くしたら、良いかもしれないとアドバイスをいただいたので、家でこかあちゃんがしてみたのがこちら。
画像
お耳ぺろんスタイルです まるちゃんこんなにされたと、かあさんの言いつけに行ったまるちゃん。 ごもくんを押し退けて真ん中におさまってます
画像
でも、少しでも気を抜くと
画像
おしゃれウィッグみたいと笑いを誘ってくれるまるちゃんです これでも少しは空気が入るかな。 これ以上酷くなりませんように 読んで下さってありがとうございます

こかあちゃんが震えた夜

今回はごもくんが急に体調不良になったお話の備忘録です。 8月12日午前1:20頃,こかあちゃんの就寝前にごもくんの様子をみたら, ごもくんがパカーン,パカーンと今まで見たこともない呼吸をし始める。 不安なのかこかあちゃんのところにすがりついたので,いつもの逆くしゃみ様の発作が起きるのか,お腹がすいて吐きたいのかと思い,ドライフードを少しあげると食べた。 お腹痛いときの姿勢を何度もとる。 身の置き所がないかのようにふらふら歩きはじめる。 歩きながら腹部右側をしきりに気にする。 時折頭を背中の方にのけぞる。 1時間ほど前は
画像
こんな感じで気持ち良く寝ていたのに,いったい何が突然起きたのか,とても不安になりました 様子を見ていましたが治まる気配どころか,歩いているのにまるで腰が砕けたかのように崩れそうになり,倒れ込むようにへたへたとしてしまう。 ごもくんのかかりつけのI 動物病院は夜間診療はないので,A動物病院に相談の電話をしましたら,快く対応してくださって,来院を勧めてくれました 自分の病気や怪我なら割と平気でいられるこかあちゃんなのですが,ごもくんのこととなると震えが止まらなくなり,電話も一生懸命にならないといけないくらいでした
画像
午前3:00位から診察が始まり,血液検査,レントゲン検査を受けました 異物摂取はないようだが,胃と腸にガスが軽度見られたそうです。 この時採血量が少なかったため,血液検査は一部でしたが,下の表の通りです。
A動物病院血液検査結果
検査項目単位2016/8/12AM3:40頃
TPg/dl6.8
Alb g/dl 3.3
ALT(GPT)U/l523
ALP U/l 1068
Cremg/dl0.2
BUNmg/dl 15.9
Nammol/dl146
Kmmol/dl 4.3
Clmmol/dl107
CRPmg/dl 0.1
炎症傾向もない為,対症療法(補液,抗生物質,消炎鎮痛剤)をしていただきました。 不足分の検査はいつものごもくんかかりつけのI 動物病院にて行うことになりました。 帰宅は午前4時45分 すっかり朝になっていました。 早い処置をしてくださったおかげで,帰りは車の中で寝始め,家に着いたら排尿後,すやすやとすぐに寝てくれて,なんと朝はいつもどおりに食べてくれました
画像
その後A動物病院でしていただいた検査項目,先生への申し送りの書かれた検査用紙を持って,I 動物病院に行き,血液検査,ここのところ便が少ししか出ていなかったので会陰ヘルニアの再発も疑って直腸検査を受けました。 I 動物病院での血液検査の結果は,
I動物病院血液検査結果
検査項目単位2016/8/12AM10:30頃
白血球数μl9500
LYM(リンパ球)12.3
MON(単球) 6
GRA(好中球)81.7
赤血球数μl614万
ヘモグロビンg/dl14.9
ヘマトクリット45.1
血小板数×109/L207
GPT(ALT)U/l338
GOT(AST)U/l125
ALPU/l115
CPKIU155
表の通りでした。
画像
直腸検査は問題なし。 A動物病院で血液不足のため測定できなかったGOTを含め,数値が高かったものを再検査し,貧血でないことも確認された。 GOTも上昇しているため,どこかの筋肉のダメージが疑われるが,心筋梗塞を心配しCPKも測定したが,正常範囲であったので,その可能性は低いとのこと。 GPT,ALTはおよそ7時間後には下がってきているし,食餌もとれ,状態も安定していることから,I 動物病院では処置はせず,今後再現するかを要観察となった。 以前から服用していた肝臓の薬も飲み終わったところで終了し,その後1ヵ月で肝臓等の数値の再検査を行う予定となった 12日の晩には,補液効果か直検効果か,ごもくんのここ暫く見たこともない理想的な長いう○ちが元気よく挨拶してくれました その話を I 動物病院の先生にお話しすると,ガスも溜まっていたことだし,相当お腹が痛かったのかも知れないと仰ってました。 A動物病院で担当して下さった先生にも,元気になったことをお伝えしましたら,とても喜んでくださいました。
画像
翌13日にはすっかりいつものごもくんにもどり,日ごろのかあさん守り隊の任務をしっかりしてくれています 今回は2つの動物病院がごもくのことをしっかり診て,助けてくださいました。両動物病院の連携の良さがごもくを救ってくださったのだと思います。どちらの病院にも感謝しています 最後にこかあちゃんの不安での震えの余韻は12日夕方まで引きずりましたが,ごもくんの回復と共に回復しました それだけごもくがかけがえのない存在であることを,ブログ開設8周年記念日に痛感したのでした
画像
長々と読んでくださってありがとうございます
苦しさを乗り越えてくれたごもくんに ぽちっと宜しくお願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

ごもくん血液検査良好でしよ。

8月2日火曜日 肝臓の薬が変わってから1ヵ月,ごもくんの血液検査の日でした 往きは車の窓から見える人に,ごもくんこれから血液検査でチックンされるでしよ。助けてほしいでしよ。なんて頼んでいたごもくん。
画像
すぐに呼んでもらえたので,結果が出るまで待合室で待っているのですが,ごもくんは何となく逃げ出したい気分でした
画像
途中看護師さんがごもくんに会いに来てくれた時は尻尾を振っていたのに,先生が結果の説明をしてくださっている間は,文句を言っているつもりなのか,遊べと言っているのか(たぶん前者なのでしょう),ずっと吠えてました 検査結果はGPTの数値が223 U/l{%右矢印webry%119 U/lに下がりました 皮膚の状態も良いので,肝臓の薬(タチオン散+ウルソ)をあと15日間と抗生物質(リンコシン)を6日間服用することで,薬も終了となりました 会計が終わるまでは,看護師さんと一緒に遊んでもらってました 私が一緒じゃない時は,静かすぎて,先生が心配するほどでした このままごもくんの体調が安定していられるよう,ごもくんの状態をしっかり見守りたいと思います。
画像
読んでくださってありがとうございます
血液検査を頑張ったごもくんに ぽちっと宜しくお願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

ごもくん血液検査してきたでしよ。

7月4日月曜日 血液検査の為に動物病院に行きました
画像
6月14日の血液検査で肝臓GPTの数値が229 U/l,GOTの数値が70 U/lしてしまっていたので,強肝剤(グリチロン)を服用していたごもくん。 今回は服用後の検査でした。 皮膚の状態も良くなり,面ぽうもかなりなくなりましたが,血液検査の結果はGPTの数値が223 U/l,GOTの数値が48 U/l と,GPTはあまり下がっていませんでした また15日間,今度は薬が変わってタチオン散(1日2回)服用するようになりました
画像
この日はごもくんランドセルを背負って行ったので,まるちゃんのいつもの薬と
画像
ごもくんの薬を入れて帰ることにしました
画像
頑張ってお薬飲んで,少しずつでも数値が下がってくれるといいと思います この日も動物病院のみなさんに遊んでもらって,楽しんで帰りました
画像
読んでくださってありがとうございます
血液検査を頑張ったごもくんに ぽちっと宜しくお願いします。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

狂犬病の予防注射に行ったでしよ。

6月20日月曜日午後 ごもくんの狂犬病予防注射を受けに動物病院へ行きました。 ごもくんが動物病院に着いた時には,他に患者さんがいなかったので,待合室から院長先生が診察室に連れて行ってくれました その時のごもくの顔は何で~って顔だったそうです 院長先生はいつも可愛がって下さっているのに,院長先生が診察して下さった後に,ごもくんが文句を言うので,院長先生が保定にまわったら,ごもくんに文句を言われないか試してみたかったようでした。 もう一人の先生がごもくんに注射したのですが
画像
ごもくん注射が終わると,
画像
やはり院長先生にごもくんにチックンしたでしょって抗議してました。 でも,こかあちゃんが隠れてみると,院長先生と仲良くなってました
画像
その後はこかあちゃんが院長先生とごもくんの所に戻っても,
画像
ごもくんがもっと撫でてと催促してました 院長先生の撫で撫でマジックが気に入ってしまったようで,何度も催促をしていました。
画像
ごもくんがいる間はどなたもいっらっしゃらなかったので,満面の笑顔になるほど,遊んでもらっちゃいました 次に行った時もこれくらい,ごもくんが馴染んでくれたらいいな~,でもまた泣くんだろうな~って,院長先生もこかあちゃんも言いながら笑いました まるちゃんは翌日,にいさんと狂犬病予防注射を受けに行きました
画像
読んでくださってありがとうございます
院長先生と少し仲良くなれたごもくんに ぽちっと宜しくお願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

まるちゃんの洋服とごもくんの血液検査

6月9日木曜日にまるちゃんの洋服を作りました
画像
型紙はmillamillaさんのものを使用し,まるちゃんの体型に合わせ修正しています。
画像
ぴったりサイズができました やんちゃなまるちゃんがお嬢ちゃまに見えますよ ごもくんは6月12日日曜日まで抗生物質を服用し,13日月曜日にカラーを外しました そして14日火曜日朝ごはんを抜いて血液検査をしてもらいました。 今回ごもくんがなぜ血液検査をしなくてはならなかったというと, 腹部の皮膚がとても薄く,皮がむけて来ていること,面ぽう(黒いぽつぽつ)が多いこと,それに伴い毛包炎を繰り返すことから,クッシング甲状腺からの病気を案じての検査でした。
画像
結果が出るまで,そわそわしていたごもくんでした
画像
扉を開けて逃げたい気分だったようです。
画像
今回は一般検査で疑われる病気の数値が高ければ,さらに詳しい検査をしましょうとのことでした。
画像
そして結果は,心配していたクッシングも甲状腺関係の病気も,疑わしい症状は腹部のみなので今回の検査の数値からその疑いはなくなり,大丈夫とわかりました。 ただ肝臓の数値(GPT)がかなり上昇していることから,代謝が良くない為に皮膚に影響が2次的に出ているのだろうということです。しばらく肝臓の為の薬(グリチロン)を1日1回1錠を服用することになりました
画像
ごもくんの肝臓については,経過観察となりました。 皮膚の赤みがある時には,すぐに大好きなカラーをつけるよう,先生がおっしゃってました。 今日はごもくんがいつもの時間に朝ごはんが食べられないので,まるちゃんや猫ちゃんたちも,ごもくんが動物病院に行くまで,朝ごはんを待っていてくれました ごもくんは診察が終わると,いつも通り元気に吠えまくってました ご心配をおかけしました。応援して下さった皆様,どうもありがとうございました
画像
読んでくださってありがとうございます
お姫様気分のまるちゃんと 朝ご飯抜きの血液検査を頑張ったごもくんに ぽちっと宜しくお願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

あぶくブクブク、ブ~クブク。

11月16日月曜日 夜6時頃,まるちゃんが静かにもぐもぐしているので,こかあちゃんが確認したら,
画像
お手玉風のお人形のリボンについていた飾りを噛んでいたようです。 こかあちゃんが手を口に入れて探ってみたのですが,時既に遅く,写真と同じものをまるちゃん飲んでしまいました 急遽動物病院に行くことになりました あらかじめ動物病院には連絡してあったので,すぐに準備をして待ってくれていました まるちゃんはすぐに催吐処置をしていただきました。
画像
私は待合室で待っていると病室から「出た~」と声が聞こえましたので,私も病室に入りました。 リアルなお宝写真は,まるちゃんのイメージを損ねるので,控えさせていただきますね そのかわりと言ってはなんですが・・・
画像
カニさんまるちゃんです まるちゃん異物摂取未遂は今までにも何度かあり,家族みんなの悩みの種でした。 ラップだったり,ボタンだったり・・・。 なにか欲求不満なのか,運動不足なのか,食のバランスか,愛情不足か,単なるクセか。 何かを気付いてほしいまるちゃんの信号なのではないかと心配になります。 いずれにしてもまるちゃんのサインだとしたら,家族はそのサインを受け止めてあげないといけないと思いました。
画像
読んで下さってありがとうございます
カニさんになったまるちゃんに ぽちっと宜しくお願い致します。
にほんブログ村

応援をありがとう~奇跡の復活~

前回の記事では多くのみなさまに応援のぽちや,コメントをいただきました。 ありがとうございました 今回もキクの闘病備忘録とさせていただきます。 9月18日にこのまま血液検査のBUN(尿素窒素)とCRE(クレアチニン)の値が上がり続けると,余命は7日程度を宣告を受けたキクでした。 キクの通う病院は土曜日と祝祭日が休診日でしたが,19日土曜日も補液をして下さいました
画像
20日日曜日は朝から点滴で日中は病院で過ごしました
画像
この日は小さめのケージの中で,ずっと同じ姿勢のまま点滴を受けていました。 大きいケージだとどこにいたらいいのか不安そうだったからだそうです。 この日の血液検査は BUNが107.2mg/dl(前回より3.6) CRE7.9mg/dl(前回より1.6) 先生がCRE5.0mg/dl以下になってくれれば,光が見えると仰ってました。 その後の連休も補液を継続することになりました。
画像
点滴から帰るとフクちゃんに留守してごめんよ~って挨拶してました。 それから大量に水を飲み,飲んだ分だけ吐いたので,先生に相談し,少しづつ水を与えることにしました。 そうしたら,水を飲んでも吐かなくなりました
画像
21日月曜日も時間を決めて補液に行きました
画像
キクは補液中も動かないので,このキャリーケージの蓋を開けた状態のまま,保定も無しで補液してもらっています 21日はかあさんの誕生日なので,プチケーキを買ってきました。 この日の朝まで全く食べる気が無く,水を飲むだけでしたが,きっかけづくりに私がキクの鼻先にクリームを米粒位をつけてあげると,ペロンと舐めておいし~と言ってくれました。 これはいけるかもと思い,もう一度今度は療法食でないといけないキクのために,PHコントロールのパウチを買いに行きました ティースプーン1杯から食べるか試してみると,気にいったようで食べてくれました。
画像
満足したらしく,その後も食べるのが楽しみになったようです。 21日はこの量を3回食べてくれました 22日火曜日は,キャリーケージを見せると,入口の前で待つようになりました 朝9時の補液から帰ると,朝少し食べたのにごはんを催促するようになりました。 ドライフードを15粒とパウチティースプーンに2杯/回を4回食べるようになり,
画像
洗濯機の上にも上がれるようになりました 23日水曜日連休最終日も朝9時に補液に行きました キクは病院通いは全く嫌ではなく,帰ってからのご褒美もあるので,楽しそうでした。 24日木曜日朝9時に補液と血液検査に行きました
画像
血液検査は食べているので多少は値が下がってくれているだろうとは思いましたが, 猫の正常範囲 BUNが17.6~32.8mg/dl,CREが0.8~1.8mg/dlの BUNが19.0mg/dl(前回より88.2) CREが1.3mg/dl(前回より6.6) にまで下がってくれました これも一重に休診日にかかわらず連日の補液をして下さった動物病院の先生はじめ,スタッフのみなさんのおかげと,ブログやツイッターで応援して下さったみなさまのパワーのおかげだと思います 次回の通院は1週間後で,それまでの間に嘔吐があった場合には,早めに来院するようになりました
画像
最悪の状況からの復活ができて,こうして仲良しフクキクの様子が見れることがとても幸せです。 今後も通院は必要になるかも知れませんが,キクのそしてはっぴー王国の子たちがどのようにしたら幸せでいられるかを考えながら過ごしていきたいと思います。 はっぴー王国みんなから感謝申し上げます。 本当にありがとうございました
画像
読んで下さってありがとうございます
これからも頑張るキクのために ぽちっと宜しくお願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

命のともしびが輝くように~キクちゃん~

9月18日金曜日 キクちゃんが入院しました。 今回はこかあちゃんの備忘録として記事にさせていただきます。
画像
9月17日に替わった夜中から,キクちゃんの嘔吐の回数が多かったのと,食欲がなかったため,朝になってにいさんがまるちゃんの耳そうじに行きながら,キクちゃんも動物病院に連れて行ってくれました。 キクちゃんは血液検査をしてもらい,ステロイドの注射と補液をして,本日もう一度受診するよう指示をいただき帰宅しました。 昨日帰宅後から18日に日付が替わる頃までは落ち着いていましたが,夜中2~3回嘔吐がありました 本日朝からこかあちゃんがキクちゃんを動物病院に連れて行きました。 下の写真は昨日~本日の血液検査の結果です。
画像
BUNとCreaが跳ね上がっているのと,点滴をしているのにもかかわらず,値が上昇していることから,急性に腎臓機能が破たんしたものと考えられ,レントゲンでも左右の腎臓とも正常猫の2倍ほどに大きくなってしまっていました。 腎結石も小さいのがありましたが,そのための水腎であれば結石のある方のみが大きくなり,両方が大きくなることは無いそうです。
画像
キクちゃんのようなケースは,点滴でも効果が得にくいタイプのものだそうです。
画像
エコー,レントゲン,2度の血液検査,点滴とキクちゃん頑張ってくれました。 家族で相談した結果,夜は家に帰ることにして,明日は休診日ですが,先生が補液をして下さることになっています。 20日日曜日は朝からの点滴をお願いする予定でいます。
画像
(面会を終え,帰ろうとしたら,自分だけ帰るの?と振り向いたキクちゃん) キクちゃんの場合は,点滴で血液検査の値を下げるのではなく,上がる数値を少なくするためのものです。 20日の血液検査の結果により,このまま点滴または補液をするか,大好きな家でフクちゃんと一緒にいさせてあげるかを,決める予定です。 19:50過ぎ家に帰ったキクちゃんは,フクちゃんのもとで,ほっとした様子でした
画像
残念ながらキクちゃんの余命は7日ほどとの説明に,愕然としました。 早くに気がついてあげられなかった後悔をお話すると,このケースは急になるものが多く,気づいた時には重症となり,悲しい結末となると教えて下さいました。 先生も諦められない気持ちでいらっしゃるのが,私にも伝わりました。 ならばこれからどうするか,家族で相談した結果, 苦しむ時間は短い方が良い。できうる限りの治療と気持ち悪さを解除しつつ,キクちゃんの精神的ストレスも緩和させてあげたい。肉体的苦痛はあってもせめて精神的な安堵を優先してあげようと思っています。たとえそれが短い結果になっても,キクちゃんが大好きなこの家で命のともしびを輝かしてあげたいと考えています。 これは人によっては,お叱りを受けるかも知れませんが,今までの経験からの家族の願い,はっぴー王国で遊べて良かった,楽しかったと逝かなくてはならない子に思ってもらいたい思いです。 どんな終末の方法を選んであげても,家族が絶対的にその子を思っての愛情がそこにあるのならば,虐待や殺生で無い限りは間違いではないのだと思います。 まず第一はその子がどのようにしたいかを,何を望んでいるかを考えるのが大事なのではないかと思います。 キクちゃんが1日でも長くはっぴーでいられるように,はっぴー王国の住人は努力と恩返しをしたいと思います
画像
読んで下さってありがとうございます
頑張っているキクちゃんに ぽちっと宜しくお願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

ごもくん混合ワクチっくんしたでしよ。

連日の豪雨の影響で,悲しくも被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。 9月10日木曜日 まるちゃんが耳そうじに行くので,ごもくんも混合ワクチンをうけに動物病院に行きました 先にごもくんが診察室に入りました。
画像
ごもくん動物看護士さんに,ピトッと甘えモード 何気に助けてもらおうとしてますね ワクチン接種前に聴診器でもしもしです。
画像
ごもくんのドキドキが先生に伝わっちゃったかな 先生が注射の準備を始めると
画像
更に動物看護士さんにすり寄ってました でもちっくんは良い子でしてもらってました
画像
この後まるちゃんが診察だったのですが,待合室には患者さんがいました。 ごもくんは診察のあと,いつもなぜかああだのこうだのとないてしまうので,先に会計してもらいに行きました。 なので今回のまるちゃんの写真はありません まるちゃんは来週も診察になりました
画像
読んで下さってありがとうございます
ワクちっくんを頑張ったごもくんと耳そうじを頑張ったまるちゃんに ぽちっと宜しくお願いいたします。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

スマホで更新~まるちゃん耳そうじ

9月4日金曜日 トリミングの時に耳が汚れているのを指摘されていたまるちゃん。 今日までの間に数回耳そうじを家でしていたのですが、改善が見られないので、動物病院に行きました
画像
あまりに黒い耳垢だったので、検査してもらいましたが、単純な汚れだったそうで、安心しました
画像
点耳薬を毎日注すそうです。 3~4日で、家での耳そうじ、1週間後に通院となりました
画像
まるちゃん、頑張ってお薬注してもらうでち 読んで下さってありがとうございます

サプリメント始めたでしよ。

7月8日水曜日 ごもくんの背中のパピローマが1週間たってもぽろっと取れなかったので,動物病院に行きました
画像
ごもくんいつもは動物病院の駐車場に着く前から吠えてしまうんですが,この日は珍しくおとなしかったです
画像
ごもくん,診察台の上でも落ち着いていました。
画像
6月30日に結んだところをチェックしてもらい,取れそうにないので,焼烙処置と言って電気メスで切除することになりました。 こかあちゃんは一旦診察室から出ました。 ごもくんは保定だけで,処置してもらえました
画像
少しの間,赤味は残るそうですが,だんだん薄れるそうです 今回も恩を仇で返すことなく,ごもくん診察室から出られました 先生や看護師さんにも,構えていたのですが,えって感じでした この日ごもくんの白内障の進行を緩やかにしてくれるサプリメントも購入して来ました
画像
家に帰ってから,早速2錠おやつと一緒に食べました これから朝晩2錠ずつ,フードと一緒に食べます。
画像
今日まで3日服用していますが,心配していた吐き戻しもなく,嫌がらず食べてくれています。 ごもくんサプリメントで白内障の進行が遅くなってくれるといいなぁと思います
画像
読んで下さってありがとうございます
無理なく続けられそうなサプリメントをはじめたごもくんに ぽちっと宜しくお願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村
posted by ごもくのこかあちゃん at 23:35Comment(0)TrackBack(0)

忍び寄る老化~ごもくん白内障~

6月30日火曜日 遅くなってしまったけど,今年の狂犬病予防注射をうけに,動物病院に行きました
画像
まるちゃんはクレート・インで寛いでいます
画像
動物病院に着くと,なんだかドキドキして来ちゃったごもくんです。 実はごもくん,この日はいろいろ先生に診ていただかなくてはならなかったのです。
画像
まるちゃんもクレートから出たら,動物病院だったので,びっくりがっかりみたい。
画像
でも,ごもくんと一緒なら,ほら,大丈夫
画像
まるちゃんから,呼ばれました~
画像
ドキドキだったけど,狂犬病の予防注射だけだったので,良い子にしてあっという間に終了でした さて,お次はごもくんです ごもくんは狂犬病の予防注射以外,背中と左肩のイボと両目のチェックです。
画像
背中と左肩のイボは,ウイルス性のパピローマだそうで,そのままでも大丈夫だそうですが,ごもくんの背中のは大分大きく,花が咲いた状態になっているので,出血する可能性があるため,結紮(けっさつ)という処置をしていただきました。
画像
1週間ほどで取れるのですが,ぽろっと取れていなければ,1週間後に通院だそうです。 メインはごもくんの両目のチェックですが,こかあちゃんの心配は悲しいかな的中し,白内障中程度と言うことでした 早い子では5歳くらいからなるそうです。 先代モクの頃はカタリン点眼液でしたが,今は点眼液も内服(2015.07.03修正)のサプリメント(アスタキサンチン酸)もあるそうです。 いずれも治るものではなく,進行を緩やかにするものです。 モクは4月生まれで,15才の夏に全盲になりました。手術も考えたのですが,モクには痙攣発作がありましたので,手術を諦め,生活環境は変えないことで,晩年の生活の支障はあまり問題がありませんでした。 ごもくんは今7歳,中程度の白内障,これからのことを考えると,気が重くなりました。 今回はカタリン点眼液をもらって来ましたが,もらった当日は3回,なだめながら点せたのですが,翌日はOUTでした 後ろから回って見えないようにして,点すのですが,なにせ人の気持ちがわかる犬とトレーナーの先生に言われるくらいのごもくんは,こかあちゃんがそろそろ点眼の時間かなと思うだけで,逃げ出し,いざ点そうとすると大きく拒絶されてしまうようになり,信頼関係にひびが入りそうです。 ごもくんのストレスになることは,辛い気分です。 先生とも点眼が無理なら,内服(2015.07.03修正)のサプリメントにするとお話しておいたので,このまま様子をみて,点眼が無理そうなら内服(2015.07.03修正)のサプリメントに変更になるかもしれません。 いつ頃が適期かわかりませんが,最終的ですが手術も選択肢の1つかと思っています。
画像
この日いろいろあったごもくんは,診察の後のいつもの恩を仇で返す行為もしませんでした。 ごもくん大人になったのか,ショックだったのか 若い若いと思っていたごもくんにも,着実に老化が忍び寄っているのだと思いました。 ごもくんにとって,何が快で,何が不快なのかを考えながら,ひとつひとつに対応していきたいと思いました
画像
読んで下さってありがとうございます
診察を頑張って受けたごもくんとまるちゃんに ぽちっとご褒美お願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

まるちゃんのアレルギー検査の結果

4月17日金曜日ときどき 結果が出るまで時間がかかると思っていたまるちゃんのアレルギーの検査結果ですが,最近はメールで結果報告が動物病院に届くそうで,本日結果の知らせがありました。
画像
まるちゃんがアレルギーの検査を受けた記事はこちらからどうぞ。 検査項目は92あります。 まるちゃんの検査結果はこちら。
画像
なんとまるちゃん,33項目も陽性になってしまいました 特に食物ではコンブ,羊肉,鹿肉,オートミール,エンドウマメ,米,ジャガイモ,小麦,ナマズ,シシャモ,玄米でした
画像
推奨ドライフードはすべて大粒で,まるちゃんには食べにくそうなので,動物病院の先生が選んで下さって, ラボライン ピュアプロテイン サーモンとラボライン ピュアプロテイン チキンのサンプルをいただきました まるちゃんにまず,サーモンの方をあげると,大喜びだったので,サーモンを注文することにしました

今後の対策

  • フードの切り替え
  • お散歩に行ったら良く体を拭く
  • 部屋の掃除を更に徹底
最近まるちゃんが食べていたフードはフィッシュ&ポテトでした。 そう,火に油を注いでいたようなものだったのです でも,まだ部分的に出ているくらいの時に発見できて,良かったと思います。 検査を受けたおかげで,早くに対処ができると思えば,結果を聞いてびっくりしたこともがっかりしたことも,まるちゃんに知らないで与えていてごめんねと言う気持ちも,これからのまるちゃんの生活のために生かしてあげることができます まるちゃんが好きなものは食べられるようなので,良かったと思います
画像
まるちゃん,ごもくんも応援してるでしよ
画像
これからまるちゃんが快適に過ごせるようにしてあげたいと思います
画像
読んで下さってありがとうございます
アレルギーに負けないもんね~なまるちゃんに ぽちっと応援お願い致します。 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村