頑張れ血尿兄弟

1月25日金曜日

朝早くから嘔吐が続いたキクちゃんは、食欲もなく、食べられなかったので、動物病院が始まるのに合わせ診察してもらいに行きました

キクちゃんは以前毎年9月になると点滴になっていたので、先生にキクちゃんまだ9月じゃないよって言われていました。9月はキクちゃんだけでなく動物病院の先生にとっても嫌な月となっているようです

血液検査上は問題はみられませんでしたが、腎臓の機能検査のSDMA検査は以前からしており、値は良いと悪いの境目のところにあるので、食べられないならと念のため日中点滴をすることになりました。

画像


点滴をしてもらううちに、顔色(顔つき)も良くなりました。

そしてこの日はフクちゃんも薬が終わったので診察でした。

フクちゃんんはにいさんと来て、今回もエコー検査をしました。

フクちゃんの右の腎臓は大きくなっており、形もあまり良くはありません。左の腎臓は萎縮しています。

右の腎臓が水腎になることも考えると、摘出するほうが良いのですが、左が萎縮しているため、右を取ってしまうと急激に体調が崩れてしまう危険性があるため、敢えて手術はせず温存し、病気と仲良く付き合う方法の方が望ましいとのアドバイスを先生からいただきました。

画像


何よりもキク・フク兄弟が一番幸せなことは、このようにきれいなトイレの中で一緒に眠っていることなので、どちらが欠けても困るのです

こうしたまったりした時間が少しでも長く続くことを願っています。

キクちゃんは夕方家に帰ってからは、ドライフードも食べられるようになりました

しかし翌日26日土曜日から再び血尿になり、ステロイドと抗生剤の皮下注射をしてもらいました。
ステロイドのおかげで食欲も復活

27日日曜日には点滴用の留置針も外してもらえ、ステロイドと抗生剤の薬で様子を見ることになりました。

そうして喜んでいたら

28日月曜日の午前中からフクちゃんがまたまた血尿、頻尿、食欲なしとなりました。

止血剤が終わって3日目のことでした。

そして午後に動物病院に行き、補液(ステロイド他入り)をしてもらい、前回と同じ止血剤と抗生剤の薬を内服することになりました。

そして29日火曜日はようやく動物病院通いが一旦落ち着きました。

キクちゃん、フクちゃんともに食欲が少ないながらも安定しています。

仲良し兄弟なんだから、仲良く治らなきゃだめだよって動物病院の看護師さんにも言われていました。

そうそう仲良し血尿兄弟頑張ろうね

画像



読んでくださってありがとうございます


お薬飲んで頑張るキク・フク兄弟に
ぽちっと宜しくお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ラッキーパパ
2019年02月01日 14:08
キクちゃん,フクちゃん!
血尿!?
たいへんですね。
でも,治療のおかげでよくなってなによりです。
ラッキーパパも,やっと,インフル&咽頭炎から回復です。
ラッキーパパの場合は,鬼の霍乱でした。(笑)
抗生剤などを処方されましたが,改善されず
ステロイドを飲み始めたら,2日でよくなりました。
ステロイド剤は,よく効きますね。
ごもくのこかあちゃん
2019年02月11日 15:07
ラッキーパパさま
まさか兄弟同時の血尿とは驚きました
ここまで仲が良いとはと病院で言ってしまいました。
ラッキーパパさんも大変でしたね。
ステロイドはすごいですね。
天候が良くないので、無理なさらず、ぶり返さないようお気をつけてお過ごしください

この記事へのトラックバック